聖寵充満てる偶像

君を忘れない

現代人は電気羆の夢を見るか?知床1人旅-day0

記念すべき30歳という年齢も残すところ1ヶ月を切った2022年1月、この人生史上最高の体験をした。
その感動をいつでも思い起こせるよう、すべてをここに記す。

…なんと大仰な言い回しであることか!厨ニ病も大概にしてほしい。

2021年12月14日、航空会社のピーチが航空券セールをしているというツイートを目にした。
なんだかんだいつもセールしてないか?と思いつつ、意味もなく航空券を検索するのが趣味な人間としてリンクをポチリと押す。
ちょうど冬の北海道に行きたくて行きたくて震えていたので、ヤク切れのように震える指で関空発のカテゴリをチェックした。
札幌、釧路、じょまんべつ…?なんだここは。北海道っぽい地名だけどどこだここ。
不勉強な私は、航空券をチェックする段階では女満別を「めまんべつ」と読むことすら知らなかった。
場所を調べると、網走に近い空港であることが分かる。
網走!網走監獄のある網走!ちょうどゴールデンカムイにハマっていたので、聖地巡礼…しちゃうか!?と勢いのままざっと周辺の観光地を調べ上げ、網走の先にあるウトロ温泉地区では流氷が見れることを知った。
流氷!そういうのもあるのか!思わず井之頭五郎の顔になる。

“冬の北海道”が日本で1番好きな土地である者として、流氷…見たいぜ…!と思うやいなや、今度はじゃらんに飛んで宿の空きを軽く検索する。
ある!あるぞ!網走も、中間地点の知床斜里も、ウトロ温泉でもホテルの空きはある。

雪景色が見たい、あわよくば流氷も見たい、飛行機も安い、網走監獄行きたい、久しぶりに1人旅したい。
よし、行くか!知床!!

こうして、2022年1月22日から24日にかけて、2泊3日で網走〜知床へ1人旅に行くことが決定した。
航空券のセールを知ってから数時間のことであった。


ちなみに、今回の関空女満別の往復航空券は、往復預け手荷物を追加して(ピーチは手荷物や座席指定もオプション追加で課金方式)、計14770円。
安い、安すぎる。新神戸→東京駅間の新幹線片道料金で北の大地まで往復出来るなんて。

航空券を購入した後は旅程を決めてホテルの予約である。
公共交通機関だけで巡る地方の旅は、目的地の距離感を調べることから始まり、時刻表と移動時間、観光の所要時間を土地勘が無いなりに調べ上げて綿密な計画を立てることが大切だ。いや、ただ私がそういう性格であるだけなのだが。

特に今回は冬の北海道、ちゃんと調べ上げて移動計画を立てないと下手すれば凍死するぞ!と、過去に冬の北海道で2度ほど死の恐怖を感じた経験から、普段以上に綿密な計画を分単位で立てた。
万一バスに乗り遅れた際に、タクシーでかかる金額まで調べた。
まぁ実際は悲しくもこの計画が崩れてしまうのだが、今から訪れる見知らぬ土地の時刻表というものは見ているだけで楽しい。
時刻表を見て、Googleマップで実際の距離感をイメージして、移動時間の猶予を検討する。楽しい、楽しすぎる。
趣味・特技:旅行の計画 と言ってもいいと思う。
そんな人間がなぜ旅行業界に就職しなかったのか。旅行の計画は立てたいが接客業はしたくないからである。

〜ここまで全部余談〜

こうして航空券を手配し、宿やアクティビティを予約した後、クリスマスにはディズニーに行き、正月には家に引きこもりソシャゲで推しイベを爆走し大金を溶かし、1月下旬の知床旅行当日までの日々をそれなりに過ごした。

航空券を買って計画を立てただけのことをグダグダと書いてしまった。
この先のブログがどれだけ長くなるのか恐ろしい。
どうか最後までお付き合い頂けると嬉しいです。